通販サイトZOZOTOWNを運営するZOZOの前澤友作社長が10月4日、自らの納税額を明らかにした。同日にツイッターで「2016年度77億円、2017年度34億円、2018年度70億円(予定)」と明かしたもの。所得税と住民税の合計は最大で55%程度のため、本年度の所得額は単純計算で127億円あまりに達することになる。

 このツイートを巡り世間からは「所得隠しをしないなんてカッコいい」とポジティブな評価と、「金持ちをひけらかしている」というネガティブな声の両方が噴出。一部のメディアでは、税務調査に対してクリーンさを示すのが狙いだと報じている。だが、前澤氏の真の狙いはむしろ海外に対するアピールだと、週刊誌の記者が指摘する。

FullSizeRender


「美術品の収集家としても知られる前澤氏は昨年5月、ジャン=ミシェル・バスキアの『Untitled』という絵画をアメリカ人アーティストの作品として史上最高額の約123億円で落札。世界の美術界に《MAEZAWA》の名前を知らしめました。そして先月には米スペースXが計画する月周遊旅行の第一号顧客に名乗りをあげ、その際には日本のビリオネア(億万長者)として海外メディアに取り上げられています。しかし欧米では資産家が個人資産をメセナ活動(文化芸術の支援)に費やすのが一般的なのに対し、日本の資産家は欧米から見れば正体不明で、怪しげなカネにものを言わせて美術品を買い漁っているように見えてしまうのも事実。そこで前澤氏は事業活動を通じて正当に稼いだ金を、美術品の収集に費やしているとアピールしたいのではないでしょうか」

 そして前澤氏には日本人の美術品収集家として、みずからの正当性をより強くアピールしておかなければならない理由があるという。1990年に欧米の美術界を揺るがせた事件について、週刊誌記者が続ける。

「この年、大昭和製紙相談役(当時)の齊藤了英氏がゴッホの『医師ガシェの肖像』とルノワールの『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』を合計244億円で落札。その際に齊藤氏は『死んだら棺桶に入れてもらうつもりだ』と言い放ち、世界中の美術界から猛反発を食らいました。そのため今でも日本人が美術品を高額で落札をすると、この棺桶発言が蒸し返されるのだとか。そんな状況を憂う前澤氏がみずから美術品収集家として第一線で活躍し続けることで、日本人に対するイメージを回復させようとしているのかもしれません」

 前澤氏が何よりも得たいのは、海外美術界からの信頼なのかもしれない。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-113656/#article

ニフティーニュースより引用

 

今晩は、AKI6812の独立へのシルクロードです!
今回はZOZOTOWNの前澤社長の記事を書かせていただきました。
今回気になったのは納税額の公表についてです。
職業柄、税理士業なので納税額については気になりました。
今回、納税額を明かしたのは前澤さんの個人の信用度を上げるためもありますし、記事でも言ってた海外から信用を得るということもあり得なくはないです。
しかし、1番は日本の社会への貢献だと思います。
納税は憲法でも定められている通りに義務です。
たくさん払うほど社会貢献をすることになります。
税金を払いたくない経営者や個人の方はたくさんいます。
私も仕事をして8割以上の方が脱税まがいのことをしています。
それを防ぐのが税理士の仕事です。
なぜ、この記事に興味を持ったかというと納税に対しての僕と皆様の意識について気になったこともありました。
収入が毎年増える人ほど納税はしっかりとしており胸を張って支払っている人が多いです。
私がみている限りだと脱税や節税ばかり言う人は税務調査が入ったり、収入が増えることは少ないです。
所得税と住民税で55%持っていかれても45%は手元に残ります。
また、私たちが消費をしないと経済は悪くなります。
貯金も大事ですが使うことでお金を増やすこともできます。
使い方の目的がはっきりしていれば倍にして増やすことは可能です。
貯金ばかりする人はお金は減る人ばかりです。
前澤社長は貯金を好まなく、お金をたくさん使いますが、目的もはっきりしているので明確です。
お金を増やすか減らすかはあなた次第です。
前澤社長のお金の使い方は後日、別の記事で投稿します。
話は戻りますが納税をしたくないからと言って、人の道を外れて税金を納めないのは人としてやってはいけないことです。
課税の公平性が保てません。
私もお金を使うときは感謝しています。
税理士事務所で働きながら副業でビジネスもしていますが稼いだ分は納税します。
税金をしっかり払えば手元に残りますから。
下手な節税はオススメしません。
後日、お金と税金について投稿します。
今回は以上になります。ありがとうございました。